首イボって心配しなければならないものなの?

Posted by

最近では結構首イボに悩みを持っている人たちが多いと言います。ただし、まだ首イボが何か正しい理解を出来てないという人たちもいます。あなたも、茶色だったり、肌色の、米粒よりもやや小さめな突起物が出来ていた場合、それが首イボの可能性があります。

首イボは、アクロコルドンという、老人性疣贅(イボ)であり、大きくてイボは、2mm程度です。現代社会の人たちは、老人性というものの、30代以上程度の人たちがかかり、20代というケースも最近では増えて来ているようです。肌が白いかったり、やわらかい肌の人たちは、ちょっと注意が必要なようです。首イボは、摩擦や、紫外線の影響を受けて起こると言われています。実際に、首イボだけではなく、ワキの下や股など、擦れる部分に起こる場合もあります。

首イボが身体にとって、リスクの高いものかといえばそうでもなく、やっぱり老化現象と考えても良いものです。原因は、老化現象によって、角質が変化したに過ぎないのです。それ程、首イボに神経質になる必要もない訳ですが、実際に、言われなければ気付かないという場合も多くあるようです。しかし、実際に、かゆみなど伴う場合もあり、掻きすぎてしまうことで悪化させてしまうこともありますので、注意も必要になって来ます。

アクロコルドンではないかも……

首イボの場合、アクロコルドンなら大丈夫とも言いたいのですが、用心してないと、アクロコルドンではなく、アクロコルドン以外の厄介なイボの可能性もありますので、注意が必要です。脂漏性角化症とは、種類はアクロコルドンと同じものなのですが、顎、頬骨の部分、手の甲などの部分に出来たりします。日焼けした人たちが、シミが出来、シミによって、紫外線を多く積み重ねてしまい、どんどん盛り上がってイボ状のようなものになります。数cmのものにもなる可能性があり、岩のような凸凹するようなものもあります。

若年性扁平疣贅は、若い人たちがなりやすい、ニキビのようにも見えるイボです。実際に、アクロコルドンとは違い、ウイルスによって感染してしまうので注意が必要です。若年性扁平疣贅というだけあって、扁平であり、肌色かやや薄い茶色っぽい色をしています。顔を剃ったりすることで、イボが増えてしまうこともありますので、より注意が必要になって来ます。

首イボをどのように治療すれば良いのか

首イボが出来れば、どのように治療をすれば良いのでしょうか。まず、やっぱり、首イボが出来たと知ったら、向かうべき場所は、皮膚科です。皮膚科で、しっかり診断してもらうようにしましょう。皮膚科の医師によって、ハサミを使って切り取ってもらうことが出来ます。ハサミを使って切り取る方法といえば、ちょっと、雑で怖いという感じもありますが、イボ自体は既に水分を完全に失った角質の突起であり、それ程心配する問題ではありません。

意外と、首イボに対して、このような治療法がとられているケースが多いようです。意外と思うのかもしれませんが、このような治療は、傷跡も残りにくいと言われています。医療用のハサミで突起したイボの部分だけをキレイに切り取れば、決して、周囲の部分を傷つけることもありませんし、治療を終わったあとには、化膿止めの軟膏を塗って絆創膏を貼って適切な処置を執ります。

もちろん、簡単に出来るからと言って、自身でやるべき問題ではありませんし、アクロコルドンかどうかの判断も正しく皮膚科の医師にしてもらう必要があります。もしも、平たい形のイボという場合には、このような治療方法は取ることが出来ません。

更に、治療の方法として、液体窒素を使って除去するやり方があります。これは、首にできる突起した老人性疣贅(イボ)ということではなくて、ウイルス感染などして出来たイボに対してされる治療の方法です。実際に、液体窒素を使って除去する方法も有効的治療方法ではありすが、ハサミを使用しての治療よりも痛みが伴うことがあります。

ただし、液体窒素を使って除去する方法の場合では、平たいイボも取り除くことが出来、一度に複数のイボを取り除くことが出来るメリットもあります。液体窒素を使って除去するのは、摂氏マイナス約200℃の液体窒素をピンセットなどの先につけてイボに当てるという治療がとられます。液体窒素を当てたイボは、細胞から壊死し、かさぶた化します。そのような治療によって自然に取れるようになります。ただし、一回だけの治療では、細胞を壊死させるのに至ることは出来ないので、数回治療を繰り返す必要があります。

更に、レーザー治療という方法もあります。顎や頬骨の老人性疣贅には、レーザー治療が有効的とも言われています。レーザー治療の方が、液体窒素よりもキレイに除去することが出来るとも言われています。使用するのは、麻酔を施したあと「炭酸ガスレーザー」です。